代表 有本奈緒美(Arimoto Naomi)

JNECネイル検定
JNAジェルネイル検定
JNAネイルサロン衛生管理士
SMBAシニアチャレンジットメンタル
ビューティー協会認定 福祉ネイリスト
EJA耳ツボジュエリー協会認定講師
ヘルパー2級
障害者ヘルパー2級

神奈川県出身。
3人の子どもの母で車椅子ネイリスト。
老人施設などへの訪問ネイル。
神奈川トヨタ様とのイベントでのコラボブース出展など、各種イベントにも出展。
2018年茅ヶ崎にユニバーサルデザインのプライベートネイルサロンをオープン。
20代前半から福祉施設勤務。老人介護、重度障害者施設、障害者作業所、公立小学校での支援業務を経験。

平成26年に進行性の難病の脊髄症である事が発覚し医師より診断を受け支援業務を断念。現在は両下肢機能障害で歩行困難になり車椅子生活です。
福祉施設勤務の時から何となく将来歩けなくなることがわかっていました。そんな時、以前、特別養護老人ホームで勤務していた時、認知症のご利用者の女性に余暇活動で自分のマニュキアを持参してネイル体験をしていただくと、認知症により普段は少し乱暴になってしまっていた方がニコニコとずっとネイルをした手を眺め笑顔が続きました。とても幸せに感じたその光景をふと思い出し、歩けなくなったら将来自宅でネイルを出来るようになれたらいいなと思い、支援の仕事をしながらネイルの資格を取り始めました。しかしながら、退職した後は一気に進行してしまい杖をついて歩けていたのに、歩けなくなり車椅子生活になりました。

その当時は、絶望で自分にはもう何もできないし、生活も一変しましたので、外に出ると周りに見られるのが嫌、などという思いから病気を受け入れられず塞ぎ込みました。車椅子を作成する際に車椅子会社の代表取締役の方との出逢いで車椅子でも色んな事が出来て、前向きに楽しくやっていけるんだということを教えていただき、それがきっかけで、沢山の事にも挑戦してきました。そんな中、私もまだまだ諦めたくない、私もネイルで皆を元気にしたい!という思いが強くなり、このような状態でも出来るということを知って頂く事で同じような方にも希望を持っていただきたく、誰もが安心して通えるユニバーサルデザインのネイルサロンをオープンしました。そして、ご病気や障がいがある方、ご高齢の方、介護をされている方、障害やご病気のあるお子様のお母さまが外に出る一歩のお手伝いの場として、ネイルだけではなく気軽ににお話の出来る癒しの場所をご提供できるネイリストを目指しております。